「Trattoria La Crocetta」  「Ristorante L`incontro Naramachi」

奈良のイタリアン 2店舗 「クロチェッタ」と「リンコントロ」のブログ







--------------------------------------------------------------------------------------------

スタッフ募集!!


スタッフを募集しています。

詳しくはクリック↓↓


<詳細ページ>


--------------------------------------------------------------------------------------------


Facebookやツイッターで日々の食材や料理、お得情報など配信しております。

申請、フォローして頂いた方にお飲み物サービスしています。

お気軽に友達申請、フォローしてください。

(申請していただくときに、ブログを見た、お店に来たことがある等、一言メッセージを頂ける方のみ承認しています。)


アカウント↓↓

Facebook    アカウント名 西岡正人


Facebook  クロチェッタページ 日々の食材や料理、お得な情報を日々配信中です。


ツイッター   ユーザー名 crocetta_mannbu



--------------------------------------------------------------------------------------------


クロチェッタのメニュー


クリック↓↓


お昼のメニュー


夜のメニュー







--------------------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市場でガッツリ♪




今日は晴れましたね~♪

夏のように暑いですが…。


霊山寺のバラ園や遷都祭、薬師寺なんかも観光やお散歩がてらに行かれる方も沢山いてそうです。



今日はガッツリ市場でお買い物♪


春の旬モノは少なくなり、初夏の旬モノが増えてきました。

貝類、鮎や尼子などの川魚。

ハモやスズキなども良いサイズが出回って来ています。



今日の仕入れは春と夏をいっぺんに味わえます♪


伊勢の岩ガキ
トラフグの白子
首折れ鯖
白貝に大粒アサリ
天然仕立ての鮎
富山のホタルイカ
的鯛にコショウ鯛

などなど…

そうそう。

本日仕入れた的鯛。
フレンチやイタリアンでは高級魚として有名です。

またの名を「サンピエール」と言います。

違う読み方をすれば
「聖・ペドロ」

キリスト教の聖人の名前です。

的鯛の体にあるおっきな黒い斑点。

聖・ペドロが貢ぎ物のお金を、的鯛の大きな口から取り出す為に杖で突いたから、黒い後が残ったそうです。


だから西洋ではありがたいお魚なんです。



日本人は的に見えたんでしょう。

面白いですよね~♪

プチ雑学でした。


さぁ!今日も頑張るぞ~♪

食欲の秋ならぬ、食欲の初夏です!

ガッツリ食べて5月病なんか吹き飛ばせ~\(^_^)/


クロチェッタ 店主
関連記事
スポンサーサイト

« 処女の太もも|Top|タイトゥ新入荷 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://crocetta.blog45.fc2.com/tb.php/160-8aa3475a

Top

HOME

西岡正人

Author:西岡正人
奈良のイタリア料理店2店舗を経営する 「クロチェッタ」と「リンコントロ」のオーナーシェフ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

[ジャンルランキング]
グルメ
1639位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
602位
アクセスランキングを見る>>

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

[Valid RSS]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。