「Trattoria La Crocetta」  「Ristorante L`incontro Naramachi」

奈良のイタリアン 2店舗 「クロチェッタ」と「リンコントロ」のブログ







--------------------------------------------------------------------------------------------

スタッフ募集!!


スタッフを募集しています。

詳しくはクリック↓↓


<詳細ページ>


--------------------------------------------------------------------------------------------


Facebookやツイッターで日々の食材や料理、お得情報など配信しております。

申請、フォローして頂いた方にお飲み物サービスしています。

お気軽に友達申請、フォローしてください。

(申請していただくときに、ブログを見た、お店に来たことがある等、一言メッセージを頂ける方のみ承認しています。)


アカウント↓↓

Facebook    アカウント名 西岡正人


Facebook  クロチェッタページ 日々の食材や料理、お得な情報を日々配信中です。


ツイッター   ユーザー名 crocetta_mannbu



--------------------------------------------------------------------------------------------


クロチェッタのメニュー


クリック↓↓


お昼のメニュー


夜のメニュー







--------------------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獲ったどぉ!!

猟期2日目!!


タイトルが獲ったどぉってなってますが、結果は最後に書くとして、どんな一日だったか…ってことから書いていきます。


猟場開拓の為、昨日の鴨満載の猟場は諦めて、違う場所に行ってきました。


最初の猟場はこんな感じの貯水池。



民家も無く、木も無いので絶好!!

っと思いきや、小鴨が3羽居てるだけ…(^_^;)


小鴨でも大事な狩猟鳥。

2発撃ちかけますが、ハズレ(T ^ T)


昨日から引きずった距離感の掴みが全く出来てない。

やはり練習不足ですな。




GoogleMAPを駆使しながら、車で回れる貯水池を探します。


何箇所かいい感じの野池を見つけましたが、赤ちゃんの鴨しかいてない。


親は茂みに身を隠し、全然出てくる気配もないので、退散。



車でドンドン山奥に入るも、池が有るはずの場所には池がなく。

藪に覆われ入る余地がなく。


昨日と違い、全然真鴨に会える気配がしませんでした…。




猟場の散策していたら、山の中に入っちゃって、廃墟の家とかがある場所に行き着きました。











結局、野池には辿り着けなかった場所ですが、面白い物がチラホラ発見。

わかりますかね??
鹿のフンや足跡。





チョコボールみたいな、奈良公園で見慣れたやつです。





たくさん居てるんでしょうね。
至る所にありました。



近くの集落には、害獣除けのネットや電気柵が巡らしてあったけど、あんな低いのじゃ鹿に飛びこされる様なのもたくさん。


山里の農産物被害が多いのは頷ける。
少し見回っただけで、これだけの野生動物の足跡が見れるんだもの。

奈良の市内から車で30分位の距離ですよ。


里山の猟師の重要性と、放って置けば、ドンドン里山に人は住まなくなる危機感が有りました。



以前のブログでも書きましたが、奈良の鹿の有害駆除に関する記事。


県外の人間が、奈良で鹿の駆除を促進すなんてなんたる事やって苦情が来て、結局奈良の有害駆除地域が広がらなかったって話し。


法律や条例は、地域の人間を守るために制定されるもんですよね??

もちろん、奈良公園の鹿は守られるべき神聖なもので良いと思いますし、歴史深い大事な事だと思います。

たった車で30分の距離で生活して行かなければいけない人達が、
農作物を作る事を糧にして行きて行く人達が、
害獣の被害に恐れ、自分達で出来る範囲の防御しか出来ていない現実。

猟師は20年前に比べると5分の1に減少しています。

野生動物は増える一方…。



檻の中で買っている動物を、お金を払って見に来る人間の方が、里山では檻の中で生活しているように見えてしまうのは僕だけでしょうか??






って…事を考えながら、今日の猟もボウズかなぁ…って思いながら車を走らせていると…。




小さな野池に鴨発見!!


カルガモのツガイです。



わかります??
画像真ん中に一羽。
そのすぐ右にもう一羽。



チャンスとばかりに車を止め、銃を取り出し、狙いました。


距離は15m位。


今までで一番近い距離。




落ち着けぇ…

と心で唱えながら、鴨がスイスイ泳ぐのをジッと狙います。


頭に照準を合わせて…


パシュ!!



水飛沫が飛び散り、鴨が暴れます。


もう一羽が飛び去り、水面にもんどり打つ鴨。



どこに当たった?
わからん!!

止めさしてあげなきゃ!!
もう一度パシュ!!


即座に鴨が動かなくなりました。



後で確認しましたが、両方とも頭に命中。


頭に当たっても、すぐには止まらないもんなんですね(^_^;)


ビックリしました。




獲れたぁ!!
という喜びの後には、回収です。


これがまた大変(^_^;)


パンツまでビッショリになりながら、なんとか回収。



回収するだけで40分もかかりました。


これもいい経験です。


撃つ時も回収の事まで考えないと、回収出来なかったらただの殺戮ですからね(^_^;)






初猟果!!
カルガモです(≧∇≦)


やったぁぁぁぁ!!

猟師人生の始まりです。


パンツまでビッショリなんで、今日はこれでおしまい。



帰って腸を抜き、熟成させました。



美しい羽です。



記念に一枚。






下の倉庫でぶら下げ中。





熟成中の生ハム、乾燥中のサラミと共に、いい感じですねぇぇ。



イタリアみたいww



この一羽は、スタッフと家族に食べさしたいと思います。


早く一人前の猟師になって、お客様にも提供出来る位獲りたいもんです。



有難う。
命を頂く事への感謝を忘れずに…




クロチェッタ 店主
関連記事
スポンサーサイト

« ディナー演奏会のお知らせ|Top|射撃場~初出猟 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

西岡正人

Author:西岡正人
奈良のイタリア料理店2店舗を経営する 「クロチェッタ」と「リンコントロ」のオーナーシェフ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

[ジャンルランキング]
グルメ
1964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
695位
アクセスランキングを見る>>

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

[Valid RSS]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。